豪州黙示録コカジ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フォーブス終了

フォーブス最終日。
結局今日も風強いので、キャンセル。
なんだか後半グダグダしちまいましたが、かなり楽しい大会でした。

さっき機体をショートパックして、これから閉会式andパーティ。

明日シドニーに戻って、明後日朝の飛行機で帰ります。

シドニーとゴールドコーストが洪水の影響受けてなけりゃ、金曜日の夜には恋しい日本に帰れます。

今回の大会で上手くなった点と課題!

上手くなった点
・サーマルの入り方
一発でコアに入らないと、いくら速くグライドしても、うだうだしてるうちに後続に被さられるので、意識してサーマルのコアを早く捉えられるように飛んだ。
・グライド中のコントロール
トーイングの練習で高速グライド時のコントロールがよくなった気がする。
・トーイング
やったことなかったので、エアロトーの公式練習を大会が設けてくれてよかった。

課題
・雲の変化
いい雲を目指して飛んでると、たどり着くまでに結構時間がかかるので、その間に崩壊してしまうことが多かった。サーマリング中からもっと周りの雲を注意して見よう。
・コース取り
グライドのコース取りはみんな上手くて、よく高度差がついてしまった。風の流れのイメージがもっと必要?
・英語
必要に迫られることは何とでもなるけど、雑談する時はもっと流暢に話せた方が楽しそう。
・体力
大会期間通じての体力と、1フライトの中での集中力の持続は、こっちの人達強かった。

色々あるけど、特に感じたのはこんなところ。

いやー、ほんと楽しかったなー!

気をつけて帰ろう。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/12(水) 17:06:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

DAY3 100kmストレート DNF

今日もまた一層東風が強いフォーブス。

そして渋そう。

タスクは西に100km。

風が強い中、ところてんも嫌なので、さっさと出ようと準備するが、すげえ強いガストが入ってきて、やっぱ待つことに。

しばらく誰も出ようとせず、アトスの人とコンバット15の巨漢がまずテイクオフ。

低いままどっか流されてっちゃった。

ここのところ煮えきらない馬場くんは、どうしても出たいようで、彼らに続いて、危なげに出て行った。

野間さんに皆の動向を聞いてみると、わりとやる気ない人も多いみたい。

そうこうしてると、馬場くんが降りてきた。

ちょっと休んで、またすぐ危なげに出て行った。

どうにもやる気がのってこないので、しばらくウェイティング。

片付ける人たちとテイクオフしていく人たちの間で、お菓子を食べながら、どうしようか考えてると、ハーネスの不具合を見つけちゃって、結局今日は飛ばず。

トーイングにそこまで苦手意識はないし、まだまだオーストラリアで飛びたりないけど、皆の危なっかしいテイクオフを見てるとナーバスに。

まあ、のんびりいこうや。

馬場のゴールを願うばかりですね。
  1. 2011/01/10(月) 13:45:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DAY2 181kmストレート ラリア最短フライト!

今日は東風強し。
タスクは西へ180km。

今日は11時ゲートオープンで、12時半デパーチャーオープンと早い。

しかし、トップ20の選手は13時以降のスタートしかダメらしい。

幸か不幸か、俺は13番なので、しばらく待ってからレーンに並ぶ。

出ると、渋い!

1200くらいで1時スタート。

30分後、気づいたらランディング。

20km!

こんな日もあらぁ!

フォーブスに戻る途中からはサンダーストームでした。


あと3日!悔いのないように、最後まで油断せず、楽しみたい!

それにしてもトーイング中、すこぶる肩が痛かった。
バンテリン塗り忘れたら、こうも違うのか。。

今日は
塗りたくろう。
  1. 2011/01/09(日) 16:06:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

185km ストレート GOAL

今日は北風に乗ってけって感じで、南に185kmのタスク!

今日からフォーブス2。
こっからは、世界のトップコンペティターから何かを学ぶことを目標に飛びたいと思い、なるべくトップ連中と一緒に飛ぶようにしたい!

パドックは朝から雲がもりもりだが、雲底低い。
ゲートオープン頃にはオーバーキャスト気味。

こりゃ急げ!とゲートオープン後、すぐにレーンに並ぶが、何故かセットアップ場所がすごく後ろなので、皆が並ぶと自動的に最後尾近くになってしまった。

テイクオフ出来るころには一回目のスタート時刻を過ぎていて、トップ集団どころか、完全にオーバーキャストなパドックから抜け出せるかすら怪しい!

弱いので流しながら、1300くらいで最後の2時スタート。

幸い最終スタートには、あのマイケルジャクソンや初日一緒に飛んで仲良くなったニック、あと唯一のアトス選手がいるので、心強い。

遠くの方は晴れているので、なんとかあそこまで辿り着こうと、マックス1500〜1700で進む。

最初の二つくらいのサーマルは
渋かったけど、あとは割と強めのサーマルがでてきた。

ただ風が強いので、風に流されてしょっちゅうリフトをロストする。。

晴れ間につく頃には、みな散り散りになってしまい、一人旅。

オーストラリアでは無理せず、諦めずに進んでいけば、ゴールできると考え、えっちらおっちら進む。

スピードは常に意識して、弱いリフトは使わないで進んでいたが、サーマルロストが多くて、ペースが上がってこない。

残り50kmくらいから何度か低くなるが、なんとか生き残り、6時すぎにゴール。
遅くてもゴールは気持ちいいもんだ!

ただ、当初の目標はさっぱり果たせず、明日に期待ですな。

ゴールしたから少しはセットアップ場所前になるでしょ。

降りてからスタンウェルで知り合って、わりとなかのいいヨナスっていう18才のやつと話してた。

お前の親父はハングやってんの?って聞かれて、やってないって答えたら、じゃあなんで若いのにゴールできるんだ?って。

うまいと思ったら、やっぱりこいつも父ちゃんがフライヤーなんだな。

でも、それだけじゃなくて、ヨナスは高校卒業したばかりで、今はスタンウェルのスクールで働きながら、コンペに出てるそうだ。

今のところ勝ったり、負けたりでいい勝負。

楽しい!
  1. 2011/01/08(土) 21:51:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

DAY5 319km GOAL!

昨日朝書いた通り、昨日は途中若干くねくねしながらもヘイまでだいたいストレートの319kmタスク。

風は追い風の東風。
パドック周辺は早い時間から雲があるが、雲底は低い。

ブリーフィングでタスクが発表された瞬間、テンションが振り切った!
ゴールしたーい。

サンボマスターの「できっこないをやらなくちゃ」を聴きながらセットアップして、自分を鼓舞。

デパーチャーオープンは1:15。
十五分早めただけで時間たっぷりとったつもりですか!

事前の計算では、

平均時速60kmで五時間半でタスクコンプ。
これだと18:45ゴール。
申し分ないが、これはあくまでノースタック前提。

平均時速50kmだと、六時間半。
ゴールは19:30。
サーマルが残っているか微妙な
ところだ。。

というわけで時速60kmを目標に出来る限り速く飛ぶ&サーマルがなくなるまで降りない!が今日の作戦だ。

昨日やっちゃったウイークリンクを入念にチェックして、テイクオフ。

雲底1500。
こんなんで、300km飛べるか!

15kmEXITギリギリの雲でステイするが、綺麗どころがいないぞ!?
不安になりつつ粘っていると、雲ごと流されて15km超えてるー。

ヘッドウインドの中慌てて戻ってスタート。

さっきのロスで集団より2,300低い。

南に立派なクラウドストリート。
北には積雲ぽつぽつ。

先行機は北のコース選んで飛んでくが、あんまり上手そうな人もいないし、自分を信じて南を選択!

バンバン引き込んで、雲に向かっていると、もう一機斜めから来てる。
マイケルジャクソンだー!

後ろから馬場くんも来てる。

雲底も2000超え始めて、テンション高く、TP1まで快調に飛ばす。
60km/hペースで来れてていい感じ。

100km地点で北組と合流。

前にいい雲があったので、ガーグルは無視して、突っ込むと隣にもう一機、ジョニーやで!

テンション上がっちゃって、さらに引き込むが、低くなりすぎてハマる。

無数の機体が上を超えて行った。
やっちゃったー。

なんとか上げ返すも、ここから100km一人旅スタート。

ひとりになってペースは落ちたが、条件はよくなってきて、高いところで2800とか上がるので、低くならずに進める。

200km超えたあたりでクラウドストリートは終わっちゃって、ほとんどブルー。

どうすればー。と、コースから外れた積雲を使いながら、ゆっくり進んでいると、前方に機体三機発見!

さては、トップ連中も苦戦してて追い付いたな!?
なんて考えながら合流すると、三機のうち二機はライトスポーツ!
まじですか。。

こやつらが上手いので力を合わせて進んでると、また何機か機体を見つけて、十機ほどの集団が出来た。

19時を過ぎて、サーマルも弱くなって来たが、ゴールまで50kmのあたりで、みんなで2500まで頑張ってあげる。

おそらくまともなサーマルはこれが最後だろう。

低くならないうちに弱いリフト全部使いながら進んで、20kmほどを残して1900でファイナル。

フォローで余裕そうだったけど、ここまで来たからには絶対ゴールしたいので、残り4kmくらいまではゆっくり飛ばして、最後目一杯引き込んでゴール!

フライトタイムは8時間。
スタートから7時間弱かかって、なんとかのゴールでした。

遅過ぎだけど、今までで一番楽しいフライトでした。

ほんと、ハング最高って感じた!

FORBES1はこれで終了!
明日からFORBES2が始まります!
今日はレストデイ!

意外と疲れは残ってません。
サプリメントとバンテリンが効いてるとみた。
  1. 2011/01/07(金) 10:13:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

DAY4 166km がびーん

昨日はパドック周辺は積雲ぽつぽつ。

南東の方には雲がいっぱい。

風は西風なので、南東65km、北東55km、東に45kmのタスク。

セットアップ場所が前から三番目なので、出たい時に出れる。

条件がよくなってきた一時前にテイクオフ。

しかーし、ここでトラブル発生!

浮き出して50mくらい上がったところで、ウイークリンクがぷっちん!

ロックアウトしてもーたー。

スピードもポジションも特に問題なく引っ張られてるつもりだったけど、やはりずっと同じウイークリンクだったのがまずかったのか!?

中途半端な高度だったので、真っ直ぐ飛んで降りたら、思いのほかパドックから遠い。

しかしリフライトしたいので、必死にグライダー運んでると、有刺鉄線さんが登場!

どうすればー。

とりあえず人間だけ乗り越えて、パドックに戻ってると、女の子とわんぱくボウズがバギーでドーリー引っ張って迎えにきてくれた!

ゲートを探して、グライダー共々バギーに引っ張ってもらって、なんとかパドック帰還!

とりあえず水飲んで、再びテイクオフ。

パドック周辺は雲がなくなって渋い、そして西風強い。

ひーひー言いながら、1700まで上げて、ひとりぼっちのスタート。

流されては戻り、流されては戻りを繰り返し、えっちらおっちら30kmくらい進んだところでようやく雲に辿り着いた。

しかし、この辺の雲も崩壊してきてるぞ、急げー!

TP1の17km手前で300切って、ぐえ~ってなるが、なんとか良いの拾って一気に高度回復。

ここからTP1のあたりまでブルーなので上げれるだけ上げようと頑張るが、いつまでたっても雲底にたどり着かない。

半袖ぱっつんで凍えそうになりながら3000まで上げて雲底。

これなら大丈夫とTP1に向かうがそこはハイパーシンクゾーン!
気づいたらTP1取れずにランディング。
途中降りるところもなくて、めちゃくちゃ荒れてて、超怖かったー。

大事な二日目を不甲斐ない成績で終わってしまいましたとさ。

ちくしょー!

まあ、しょげずに今日は頑張るぞー!

なにやら300kmタスクのようだ。
やる気出てきたー!
  1. 2011/01/06(木) 07:44:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DAY3 168kmトライアングル GOAL!

今日は朝はブルー。
昼頃から結構いい感じで雲が出来てきました。

タスクは北西に55キロ、東に50キロ、入っちゃいけないところを回り込んでフォーブスに帰ってくる168kmのトライアングル。

ゴールしました!

まず、朝のブリーフィング後、パドックに向かっているとビッキー様から電話があり、回収が見つかったとのこと!

ヘッドクオーターでたまたまコーヒー飲んでたスイスの青年ベン!

うちらとチームを組むことになったイギリス人のアンディに母国語の英語で一から回収について説明してもらう。

ベンはよくわかってなさそうだけど、探検とか好きそうで、なんとかしてくれそうなやつだ。

急いでパドックに行って準備して、ゲートオープン直後にテイクオフ。

パドック周辺は対地で雲底1500くらい。
10kmEXITギリギリの雲のへりでブロッケン見まくること一時間。

一回目のスタートで発射。
序盤は雲底が高くないので、コース選んで低くならないように動く。風は西かな?強くはない。

ジョニーは上手くコース選んでて他より高くサーマルについてた。

いつものように、調子こいて低くなったりしつつ、第二集団でTP1を取り、方向転換。
この辺りから雲底は2000くらい。

条件がよくなってきたので、時間切れにならないように目一杯急ぐ。

四時間以内にゴールするペースに遅れなければ、サーマルは売り切れないだろうと考える。

4時前くらいにTP2を取って、残り60kmくらい。

TP3に向かうところで、雲の下を飛ばずにちょっかりで動いて、やや低くなり、数機に抜かされた。

上げ返していると、後続が下に入ってきた。

最終TPのあたりで抜かされた機体が上げていたので、急いで下に潜り込み2000まで上げる。

残り26km、これで届くかなーと動き始めるも、シンクがキツく無理っぽい。

先行機たちが上げ始めたので、下に潜るが、カスっぽい。。

後続数機に飲まれて、ぐえ~。

じっくり上げ切って、残り17km、1900m。

割とピッタリ。。

結局最後ペースダウンして、タイムは四時間。
多分15番前後かな。

5時間以上飛んで、ぷはーって感じだけど、まだまだ始まったばかり!疲れたなんていってらんねー!

マルチビタミン、ミネラル、アミノバイタルプロ、バンテリン、正露丸、日焼け止め!
飯も食いまくってるので、疲れは明日に残しまへーん。

今日のポイント!
・オーストラリアはやはり条件良くて超楽しい。
・皆さんグライド上手い。
・ひじ立てるのは効果的。
・雲が多くてサングラスだと黄色でも視界悪過ぎー。
  1. 2011/01/04(火) 18:14:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

DAY1 結果から言うとキャンセル

今日から大会が始まりました!
しかし、僕たちは未だドライバーが見つからぬまま。

とりあえずビッキーに相談して、目下探索中!

今日のタスクは北に向かってへの字に100kmいって、15kmほど戻る114kmのタスク。

回収の段取りがなかなか決まらず、ひとまず降りたらビッキーに座標送るってことで、最後の方にテイクオフ。

パドック周辺は南西風が強く、曇ってきて渋い。

1200くらいでどうにもならないので、晴れ間の残るフォーブスの街に移動。

街の北端で、割とまともなリフトに当たって上げるが、1500で流されるばかりになってきたので、北へ向かう。

前方パークスの街の方にでかい雲の列があったが、雨が降りだしてる。

雨のカーテンから離れたところで上げてる高い機体が何機かいたので行ってみるが、稲妻が見え始めて、前にいた機体たちが、雲から逃げ帰ってくる。

風が強まり、近くで稲妻が何本か見えたので、こりゃいかんとランディング。

結局キャンセルだったようで、ゴール役員のロブさんに回収してもらう。

明日までには回収見つけなければー。
  1. 2011/01/02(日) 15:31:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A HAPPY NEW YEAR from AUSTRALIA

あけましておめでとうございます。
オーストラリアはすごく暑いので、正月という感じが全くしません。

今日は風強いです!

昨日は風は弱い西。
ブルーでサーマルトップ2100くらい。
トーイングの学科みたいなのをやらされて、2時過ぎにテイクオフ。
北西に30kmくらい行って、そこから南に30km、メインランに戻って10kmくらいで70kmだと思います。
一時間半くらい。
そこからしばらくウロウロして、降りたのが4時過ぎ。
結構遅い時間まで飛んでられたみたいなので、もっと遠くまで行ったほうがよかったかなと。

100kmは超えないとなんとなくダメな感じがするところが、オーストラリアだなって感じです。

相変わらず、広すぎて飛んでて人に会いません。
一昨日、昨日とひとりぼっちで探り気味な飛びだったけど、だいぶ慣れてきました。

明日から大会頑張るぞー!

逆に、街ではハング野郎に会いまくります。
ジュース買ってたら、水にしろととかいちいちうるさいです。

水分はガブ飲みしちゃってるけど、食欲はモリモリなので、今のところ夏バテは大丈夫そうです。

ロシア人の裏切りにより、回収チームから外されました。
ビッキーに聞いたら、まあ他でなんとかなりそうでした。

ロシア人はランディング下手なので、仕返しに、今度こっそりランディング撮影してYouTubeにアップしてやろうかと企んでいます。

馬場くんは昨日から自称ウイルス性胃腸炎でダウンしています。
キツそうです。
  1. 2011/01/01(土) 07:33:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。