豪州黙示録コカジ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DAY4 166km がびーん

昨日はパドック周辺は積雲ぽつぽつ。

南東の方には雲がいっぱい。

風は西風なので、南東65km、北東55km、東に45kmのタスク。

セットアップ場所が前から三番目なので、出たい時に出れる。

条件がよくなってきた一時前にテイクオフ。

しかーし、ここでトラブル発生!

浮き出して50mくらい上がったところで、ウイークリンクがぷっちん!

ロックアウトしてもーたー。

スピードもポジションも特に問題なく引っ張られてるつもりだったけど、やはりずっと同じウイークリンクだったのがまずかったのか!?

中途半端な高度だったので、真っ直ぐ飛んで降りたら、思いのほかパドックから遠い。

しかしリフライトしたいので、必死にグライダー運んでると、有刺鉄線さんが登場!

どうすればー。

とりあえず人間だけ乗り越えて、パドックに戻ってると、女の子とわんぱくボウズがバギーでドーリー引っ張って迎えにきてくれた!

ゲートを探して、グライダー共々バギーに引っ張ってもらって、なんとかパドック帰還!

とりあえず水飲んで、再びテイクオフ。

パドック周辺は雲がなくなって渋い、そして西風強い。

ひーひー言いながら、1700まで上げて、ひとりぼっちのスタート。

流されては戻り、流されては戻りを繰り返し、えっちらおっちら30kmくらい進んだところでようやく雲に辿り着いた。

しかし、この辺の雲も崩壊してきてるぞ、急げー!

TP1の17km手前で300切って、ぐえ~ってなるが、なんとか良いの拾って一気に高度回復。

ここからTP1のあたりまでブルーなので上げれるだけ上げようと頑張るが、いつまでたっても雲底にたどり着かない。

半袖ぱっつんで凍えそうになりながら3000まで上げて雲底。

これなら大丈夫とTP1に向かうがそこはハイパーシンクゾーン!
気づいたらTP1取れずにランディング。
途中降りるところもなくて、めちゃくちゃ荒れてて、超怖かったー。

大事な二日目を不甲斐ない成績で終わってしまいましたとさ。

ちくしょー!

まあ、しょげずに今日は頑張るぞー!

なにやら300kmタスクのようだ。
やる気出てきたー!
  1. 2011/01/06(木) 07:44:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DAY3 168kmトライアングル GOAL!

今日は朝はブルー。
昼頃から結構いい感じで雲が出来てきました。

タスクは北西に55キロ、東に50キロ、入っちゃいけないところを回り込んでフォーブスに帰ってくる168kmのトライアングル。

ゴールしました!

まず、朝のブリーフィング後、パドックに向かっているとビッキー様から電話があり、回収が見つかったとのこと!

ヘッドクオーターでたまたまコーヒー飲んでたスイスの青年ベン!

うちらとチームを組むことになったイギリス人のアンディに母国語の英語で一から回収について説明してもらう。

ベンはよくわかってなさそうだけど、探検とか好きそうで、なんとかしてくれそうなやつだ。

急いでパドックに行って準備して、ゲートオープン直後にテイクオフ。

パドック周辺は対地で雲底1500くらい。
10kmEXITギリギリの雲のへりでブロッケン見まくること一時間。

一回目のスタートで発射。
序盤は雲底が高くないので、コース選んで低くならないように動く。風は西かな?強くはない。

ジョニーは上手くコース選んでて他より高くサーマルについてた。

いつものように、調子こいて低くなったりしつつ、第二集団でTP1を取り、方向転換。
この辺りから雲底は2000くらい。

条件がよくなってきたので、時間切れにならないように目一杯急ぐ。

四時間以内にゴールするペースに遅れなければ、サーマルは売り切れないだろうと考える。

4時前くらいにTP2を取って、残り60kmくらい。

TP3に向かうところで、雲の下を飛ばずにちょっかりで動いて、やや低くなり、数機に抜かされた。

上げ返していると、後続が下に入ってきた。

最終TPのあたりで抜かされた機体が上げていたので、急いで下に潜り込み2000まで上げる。

残り26km、これで届くかなーと動き始めるも、シンクがキツく無理っぽい。

先行機たちが上げ始めたので、下に潜るが、カスっぽい。。

後続数機に飲まれて、ぐえ~。

じっくり上げ切って、残り17km、1900m。

割とピッタリ。。

結局最後ペースダウンして、タイムは四時間。
多分15番前後かな。

5時間以上飛んで、ぷはーって感じだけど、まだまだ始まったばかり!疲れたなんていってらんねー!

マルチビタミン、ミネラル、アミノバイタルプロ、バンテリン、正露丸、日焼け止め!
飯も食いまくってるので、疲れは明日に残しまへーん。

今日のポイント!
・オーストラリアはやはり条件良くて超楽しい。
・皆さんグライド上手い。
・ひじ立てるのは効果的。
・雲が多くてサングラスだと黄色でも視界悪過ぎー。
  1. 2011/01/04(火) 18:14:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

DAY1 結果から言うとキャンセル

今日から大会が始まりました!
しかし、僕たちは未だドライバーが見つからぬまま。

とりあえずビッキーに相談して、目下探索中!

今日のタスクは北に向かってへの字に100kmいって、15kmほど戻る114kmのタスク。

回収の段取りがなかなか決まらず、ひとまず降りたらビッキーに座標送るってことで、最後の方にテイクオフ。

パドック周辺は南西風が強く、曇ってきて渋い。

1200くらいでどうにもならないので、晴れ間の残るフォーブスの街に移動。

街の北端で、割とまともなリフトに当たって上げるが、1500で流されるばかりになってきたので、北へ向かう。

前方パークスの街の方にでかい雲の列があったが、雨が降りだしてる。

雨のカーテンから離れたところで上げてる高い機体が何機かいたので行ってみるが、稲妻が見え始めて、前にいた機体たちが、雲から逃げ帰ってくる。

風が強まり、近くで稲妻が何本か見えたので、こりゃいかんとランディング。

結局キャンセルだったようで、ゴール役員のロブさんに回収してもらう。

明日までには回収見つけなければー。
  1. 2011/01/02(日) 15:31:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A HAPPY NEW YEAR from AUSTRALIA

あけましておめでとうございます。
オーストラリアはすごく暑いので、正月という感じが全くしません。

今日は風強いです!

昨日は風は弱い西。
ブルーでサーマルトップ2100くらい。
トーイングの学科みたいなのをやらされて、2時過ぎにテイクオフ。
北西に30kmくらい行って、そこから南に30km、メインランに戻って10kmくらいで70kmだと思います。
一時間半くらい。
そこからしばらくウロウロして、降りたのが4時過ぎ。
結構遅い時間まで飛んでられたみたいなので、もっと遠くまで行ったほうがよかったかなと。

100kmは超えないとなんとなくダメな感じがするところが、オーストラリアだなって感じです。

相変わらず、広すぎて飛んでて人に会いません。
一昨日、昨日とひとりぼっちで探り気味な飛びだったけど、だいぶ慣れてきました。

明日から大会頑張るぞー!

逆に、街ではハング野郎に会いまくります。
ジュース買ってたら、水にしろととかいちいちうるさいです。

水分はガブ飲みしちゃってるけど、食欲はモリモリなので、今のところ夏バテは大丈夫そうです。

ロシア人の裏切りにより、回収チームから外されました。
ビッキーに聞いたら、まあ他でなんとかなりそうでした。

ロシア人はランディング下手なので、仕返しに、今度こっそりランディング撮影してYouTubeにアップしてやろうかと企んでいます。

馬場くんは昨日から自称ウイルス性胃腸炎でダウンしています。
キツそうです。
  1. 2011/01/01(土) 07:33:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笑ってください、馬鹿な俺を。

今日はほんとにやっちまいました。。

朝、コンバットで一本トーイング練習して、昼間のサーマルタイムにもう一本。

今日はブルーで南風。
わりと親しくなったニュージーランドの18才の上手いやつが、「今日は北西に30km、そこから東のパークスって街まで30km、そこから戻って来て100kmトライアングルだ。」
って言うので、俺もそれを飛ぶことに。


おれが出るときに、ドラゴンフライが給油に入っちゃって、ちょっとみんなより出遅れてテイクオフ。

500くらいでいいサーマルに入ったと思ってリリースしたら、ロストしちゃって、しかもよく見たら高度300。

あれれー。

弱いので流されながら上げて、600くらいから+4くらいで上がり始めた。

2100くらいまで上げて、何人か行くのが見えた北西方向に発射。
後ろから馬場くんが上手いと言っていたライトスポーツのおばちゃんがついて来てる。

しかし、行けども行けどもサーマルには当たらない。。
フラットランドでブルーなので、ひとまず地面のコントラストだけを頼りに、ほぼ真っ直ぐグライド。

パドックから30kmくらい来たところで500を切った。
ライトスポーツは降りた。

角ありをあてにするのも恥ずかしいけど、勝手がわからないまま、一人になって、困る。

とりあえず道路に向かってると、いいサーマルにヒット。

風が強くて、流されながら1200くらいまで上げたところで、サーマルを見失い、パークスの街に向かって進む。

途中何度か上げるがしっかり上げきれず、街から7kmくらいのところにランディング。

広くて動物のいなそうな場所の道路近くを狙って降りたが、そこはトゲタンポポだらけだった!

足が血まみれになりながら道路までたどり着いたが、有刺鉄線と電気が通ってそうなケーブルが張り巡らされていて出れませんー。

出口は見当たらず、とりあえずハーネスと人間だけ乗り越えて外に出て、グライダー取って戻ってくるとハーネスがない!?

しかもよく考えたら財布もパスポートもハーネスに入れたまま!

慌てて、iPhoneを通信オンにして、カード会社とかに連絡しようとしてると、現地で買ったプリペイド携帯に非通知着信が!?

アーユーケイータ?と言っている!
イエス×5くらい返事して、話を聞くと、どうやらパークスのポリスにハーネスが届いてるらしい。

助かったー。

しかも路頭に迷うおれを警官が迎えに来てくれて、無事荷物と再開。。
親切な人が警察に届けてくれたそうだ。

ほんと、バカなことをやっちまいました。
これからはくれぐれも気をつけよう。。

馬場くんとパークスで合流して、グライダー回収して、今ようやくマックでひと息。
馬場くんも道なき道を掻き分けて、ランディングまで辿り着いて、とても大変だったようです。

いやー、やばかった。
ほんと運が良かった。
  1. 2010/12/30(木) 18:05:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。